任意売却のメリット

任意売却と競売を比較してみると、同じ住宅売却と言っても発生する金額に大き違いが発生します。
個人の意志が尊重されない競売では、どうしても売却額は格安となってしまいます。
しかし、個人の意志を尊重して住宅を売却する任意売却であれば、希望通りの金額を設定することができるのです。
この方法であれば、市場にかなり近い金額で売却を成功させることが可能になります。
納得して住宅を売却するのであれば、任意売却が最適であるということが言えます。
売却額高くなるということは、負債額を回収する際に関しても額が大きくなるということが言えます。
競売の場負債額はほとんど残らないので、引っ越しを行うことも一苦労なのです。

任意売却を行うことによって競売より負債額が大きいということですが、それだけがメリットになるのではありません。
負債額の回収を行うスピードに関しても、かなり早くなります。
競売の場合負債額を回収できる期間は、通常で半年ほどになります。
早い場合でも四ヶ月はかかってしまうので、かなりの時間が必要になるということが分かります。
任意売却の場合は、負債の回収にここまで時間がかかることはありません。
この時負債を回収する期間は、かなり早くなります。
どれほど早くなるのかというと、売買契約が成立した際になります。
ですから、なるべく早く負債を回収したいという場合は、任意売却を選択するようにしましょう。
また、自分の意志で住宅売却する場合は半年前くらいから計画を立てましょう。