住み続けたい時の対処

住宅を購入する際に発生する金額はかなり多額となっていて、一般的には長期ローンを組んで支払いを行ないます。
この住宅ローンの最大年数は35年間となっており、この期間内毎月支払いを行なっていく必要があることから、どれほど金額が大きいのかということが分かります。
購入当初はこの長期間ずっと支払いを続けられるという自信を持って契約を行ないますが、人生何があるかは分かりません。
ローンを完済する前に、月々の支払いが難しくなってしまう場合があります。
この場合、ローンを滞納してしまうことによって住宅が競売にかけられてしまう場合があります。
競売にかけられてしまうということは、本人の意志がまったく尊重されないまま住宅が売却されてしまうということです。
しかし、任意売却であれば、個人の意志を尊重して住宅を売却することができるのです。

競売にかけられた場合、強制的に転居させられることになります。
しかし、同じように住宅を売却する方法でも任意売却という方法なら、そのまま元の住宅に住み続けることが可能です。
任意売却を行う場合、自分で売却手続きを行うので、希望が通りやすくなっているのです。
ですから、そのまま住宅に住み続けたいという場合、売却した後に賃貸するという方法があります。
このような方法を使用したいと考えているのであれば、事情を把握している親族などに売却することが最適です。
実際任意売却で住宅に住み続けたいと考えている人の多くは、親子間売買を行なっているのです。