相談している女性達

優れた売却方法

何らかの事情で住宅ローンが払えなくなった場合、住宅を売却して、その金額を住宅ローンの返済に当てる必要があります。
しかし、売却金額が低いと、住宅ローンを全て賄う事が出来ず、借金を抱えてしまう事になります。
住宅を売却する方法は二通り存在し、それぞれ競売と任意売却と呼ばれています。
競売とは、強制的に住宅を売却して、その金額で住宅ローンを返済する方法です。
しかし、競売で売却した住宅は、市場価格の相場の70%でしか売却することが出来ず、住宅ローンを返済することが厳しくなります。
そのため、売却するもう一つの方法である任意売却を行なう人が多く存在するのです。
任意売却を行なった場合、競売よりも高値で売却することができると言ったメリットや、売却を素早く行なうことができるといったメリットを得ることが出来ます。
競売を行なった際は、売却を行なう人に大きな精神的負担がかかるので、任意売却のような制度ができたのです。
この売却方法の仕組みをしっかりと理解して、万が一の事が起きた場合はしっかりと活用していくことが大切なのです。

任意売却を行なうことで得られる最大のメリットは、売却金額が高いというメリットです。
なぜこの売却方法を行なうことで売却金額が高くなるかと言うと、この売却方法では、市場価格と同じ値段で住宅を売却することができるためです。
通常、競売を行なった場合は、競売物件という扱いになり、物件の価値が大きく下がってしまうため、売却金額が大きく下がってしまいます。
しかし、任意売却は自分で物件を売却する事になるので、市場価格と同程度の値段で売却を行なうことができるのです。
そのため、売却費用が高くなり、その分住宅ローンの返済が行い易くなるのです。
また、返済を行なって余った費用は次の家を探すときの資金にすることが出来るので、引越し費用も賄うことが出来ます。
このように、任意売却には金銭的に大きなメリットがある売却方法なのです。

任意売却を行なうことで得られるメリットは他にもあります。
例えば、売却を素早く行なうことができるというメリットが存在します。
競売を行なった場合、住宅がオークションにかけられるので、売却するまでに一定の時間が必要になります。
その間も住宅ローンを返済する義務が発生するので、出費が多くなってしまうのです。
しかし、任意売却は、直ぐに物件を売却することが出来るので、売却期間が短く、売却金額を住宅ローンの返済に当てるのが早くなるのです。
素早く売却を行なうことで、売却を行う人の精神的負担を早くなくす事が出来るのです。
他にも、競売を行なった場合は、近隣住民へ売却を行なう通知が行きますが、任意売却ではそうした通知が行かないので、近隣住民に売却を行なうことを知られる心配がないと言うメリットがあります。
競売はオークション形式で行なわれるため、近隣住民へもオークションを行なう旨が通達されてしまいます。
しかし、任意売却の場合は、不動産会社が購入希望者を見つけてくれるので、通知が届かないのです。
近隣住民へ通知がいくと、売却者だけでなく、その家族にも精神的負担が大きいので、通知がいかない任意売却を行なう人が多く存在するのです。

住み続けたい時の対処

任意売却を行なう際は、身内に金銭的余裕がある人がいた場合、その人に資金を援助してもらい、住宅に住み続けることができます。通常は、親子関係にある人に援助をお願いするケースが多く、親子間売買と呼ばれています。

手続きは専門業者へ

任意売却を行なう際は、様々な手続きが必要になるため、その手続を行なってくれる仲介業者を探す必要があります。仲介業者には、不動産会社や弁護士、司法書士と言った不動産法に詳しい人が向いています。

任意売却のメリット

任意売却には、住宅ローンを支払う人も支払われる側の債権者も両方にメリットがある売却方法です。債権者の大きなメリットとして、債権を回収する金額が増えるので、損失が出にくいと言うメリットがあります。